噂のスキンケアを始めてみた


噂のスキンケアを始めてみたブログ : 2016/11/05


胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、
4日前後きちんとお薬を飲めば、
大体、多くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、
イコール食道の粘膜の炎症反応そのものが完治したわけではないので気を付けましょう。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、
大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、
バイ菌の感染によるものの場合は猛烈な腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高い発熱が通例です。

真正細菌のひとつである結核菌は、
菌を保有している人が「せき」をすることで室内や外気に放り出され、
空中にフワフワ浮いているところを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことでどんどん感染していきます。

複雑骨折して多量に出血した際、
血圧が降下して眩冒や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、意識喪失などの脳貧血の症状が出ることもよくあります。

子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較して幅があって短めの形で、
またほぼ水平になっているため、
バイキンが進入しやすくなっています。
大人よりも子供の方が急性中耳炎を発病しやすいのは、
この作りが関わっています。

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、
そしてγ-GTPなどの値によってモニタリングできますが、
特にここ2、3年肝機能が落ちている人数が徐々に増えていると言われています。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるためオゾン層でその一部が吸収されるものの、
地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、
遺伝情報)を損壊させたりして、
皮膚にとって悪い影響をもたらしています。

塩分や脂肪の大量摂取を控えて運動をおこなうだけでなく、
ストレスを蓄積しすぎないような生活を意識することが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に防ぐポイントです。

規則正しい穏やかな日常生活の継続、
食べ過ぎないこと、適度な軽い運動やスポーツなど、
古典的とも言える身体に対する注意が皮膚のアンチエイジングにも関係しているといえます。



ホーム RSS購読 サイトマップ